スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

イスラム国が日本人を人質にしたことから考える




イスラム国に日本人が拘束された。
そして身代金として2億ドルを要求してきている。
政府としてどのような対応をするのか。

安倍首相の会見
このように人命を盾にとって脅迫することは許しがたいテロ行為であり、強い憤りを覚える。2人の日本人に危害を加えないよう、そして直ちに開放するよう、強く要求します。政府全体として人命尊重の観点から、万全を期すよう、対応を指示したところです。

各社社説
日経
「イスラム国」の卑劣な脅迫は許されない
産経
邦人人質脅迫 テロに屈してはならない
毎日
「イスラム国」人質 早期解放に全力挙げよ
読売
「イスラム国」人質の殺害脅迫は許されない
朝日
イスラム国―許しがたい蛮行だ


対応を間違えば人質になっている彼らは殺されてしまう。
2004年に身代金の要求はなかったが人質をとられる事件があった。
小泉首相はテロに屈しないという原則を貫く。
悲劇的な結末。
今回のイスラム国は安倍首相の表明に憤っているようだ。
日本はイスラム国対策としてイラクなどに支援を行うと表明。
その額が2億ドル。
ただ、このお金は軍事支援ではなく人道支援に使われる。
イスラム国によって土地を追われる避難民が多くいるようだ。
報道で伝わる彼らの蛮行は聞くに堪えない。
虐殺、性奴隷、自爆テロ、誘拐、身代金。
歴然とした犯罪者集団だ。
どの国も彼らを支持することはないだろう。
正義は我々にある。
いや、イスラム国も自分達に正義があると思っているはずだ。
テロには屈しないという各国の方針の中、日本はどうするか。
2億ドルをイスラム国に払えば非難されるだろう。
そして多くのイラクやシリアの人々を殺す資金になる。
人道支援の資金を回せば死んでしまう人もいるかもしれない。
身代金を払わなければ二人は死ぬ。
国際協力などせずイスラム国を野放しにしていいのか。
出口のない負のスパイラルに入り込んでしまっている。
日本だけではなく世界が。
このいびつな状態を正すにはどうすればいいのだ。
何も浮かばない。
全ての人が傷つかないミラクルプレーを期待してしまう。



JUGEMテーマ:テロリズム

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL