スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Tシャツ2ユーロ買いますか?




ある動画が話題になっていた。
街中に2ユーロで買えるTシャツの自販機を設置。
安いから当然みんな買おうとするけど映像が流れる。
Tシャツは若い女性が時給15円で長時間働いて作られているという映像だ。
そして最後に買うか寄付するかを迫られる。
多くの人は寄付をしたようだ。
当然のことだと思う。
先進国の物資的な豊かさの裏に何があるか知らなければいけない。
誰かを犠牲にすることでしか成り立たない社会なのだ。
この動画はユーロというだけにドイツのベルリンでの実験。
日本だったらどうなるだろう。
ネットでの反応を見てみる。

「買わなかったら15円もらえない」
「少女の仕事がなくなる」
「寄付金の行方が怪しい」

皆さんはどう思いました?
私の意見。
先進国が搾取をやめれば彼らの仕事はなくなる。
それは一時的なことだ。
彼らは自分たちのための仕事を始めることができる。
今の段階では足りないことが多い。
国内市場、技術、知識、設備、人材育成。
それを援助するのが先進国の役目ではないかしら。
我々は長く大事に物を使い、直し、中古や手作りの物を買う。
ライフスタイルを変える必要が迫られている。



JUGEMテーマ:エコロジー

スポンサーサイト

コメント

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2015/05/15 22:57
トラックバック
この記事のトラックバックURL