内野知樹写真展「樹は巡る」



個展を開く。
前回は2014年の四谷のルーニィでの「ほころぶ」。
その前は2013年の埼玉県立近代美術館での「武蔵野写真」。
どちらのシリーズも継続して撮影しているので個展はそのうち開く予定。
おそらく死ぬまで続くシリーズだと思う。
今回の会場は武蔵野写真と同じ埼玉県立近代美術館。
ギャラリーとは違いダイナミックな空間なので気に入っている。
一応地元といえる埼玉県の施設だしね。
テーマも地元の環境に沿っているのでぴったりだ。
タイトル「樹は巡る」。
現代美術のような難解なステートメントはない。
自然の素晴らしさ、大切さを写真で伝えられたらと思う。
タイトルで分かるとおり樹をモチーフにしている。
まず、被写体は地元の所沢周辺の雑木林の樹々。
この写真を額装して展示するだけなら面白くない。
プリントに使用した紙は埼玉県小川町の和紙。
伝統工芸士の作る和紙はとても美しく素晴らしい。
もちろん紙の原料は樹である。
和紙にプリントされた雑木林の写真をそのまま展示するのも悪くはない。
もう一つ樹の要素を入れて埼玉の樹の板に写真を飾りつける。
全て素材は樹。
埼玉の写真、埼玉の和紙、埼玉の板、展示するのも埼玉。
地産地消、身の回りのものを愛し大事にしたいという思い。
いつもブログで言っていることをこの展示に詰め込んだつもりだ。
もうひとつ付け加えると私の名前も内野知樹で樹が入っている。
こうして樹と向き合うのは運命なのかもしれない。
皆様、是非お越し下さい。
会場でお待ちしています。


「写真展「樹は巡る」で使用する和紙のこと」
http://artjam.jugem.jp/?eid=4166


「写真展「樹は巡る」製作状況報告」
http://artjam.jugem.jp/?eid=4212


「写真展「樹は巡る」製作状況報告 その2」
http://artjam.jugem.cc/?eid=4216


「写真展「樹は巡る」の樹のこと」
http://artjam.jugem.jp/?eid=4242

和紙協力
手漉き和紙 たにの



内野知樹写真展
「樹は巡る」
2016年1月12日(火)〜1月17日(日)
10時〜17時30分(入館17:00まで)
埼玉県立近代美術館一般展示室4
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/


「DM配布先リスト」
http://artjam.jugem.cc/?eid=4188
 

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL