スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

内野知樹写真展「樹は巡る」搬入の日





写真展の搬入の日。
午後の1時から5時半までに終わらせなければいけない。
たっぷり時間はある。
楽勝だ。
お昼に友人に家まで車で迎えに来てもらい詰め込む。
大変お世話になってしまって感謝感謝です。
所沢から浦和までドライブ開始、浦所バイパスをひた走る。
まあ、私は運転してないけど。
車だと所沢と浦和は一直線で近いけど電車だと面倒。
北浦和に行くには西所沢から秋津と南浦和で乗り換えなければいけない。
カブで通うつもりだったのは悲しくなるので触れないでおこう。
少し早く着いたのでのんびりとラーメンを食べた。
2時少し前に会場入り。
ここで少しだけ絶望感を味わう。
こんな広かったっけ?
ある程度計算して作品を用意してきたけど広い。
何はともあれ設営開始。
床に並べて間隔、位置、順番を決めていく。
この時点で大苦戦を強いられる。
誤算なのは写真を板に貼り付けてこなかったこと。
移動の時に破損するのは避けたかったので写真は箱に入れてきた。
板に写真を貼る作業に時間を費やしてしまう。
時間までに終わるのか微妙。
そして作品を壁に設置する作業。
これがこの会場を利用する際の最大の難関だ。
クギも虫ピンも両面テープもひっつき虫も使用禁止。
無数に開いた壁の穴にフックを取り付け作品をかける。
高さ、間隔をみながら細かな調整をしていく。
気を抜くと不安定なフックは転がり落ちてしまう。
予期してなかった問題もあり試行錯誤。
終了時刻まで後わずかで何とか完了。
自分、お疲れ。
というわけで無事に設営完了しました。
入場料も売り物もないので気軽に手ブラで見にきて下さい。
思いを表現できたと思う。
よろしくお願いします!




 
JUGEMテーマ:写真展

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL