スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

写真展「樹は巡る」の樹のこと



写真展「樹は巡る」開催まであとわずか。
準備は順調。
何となく目処がついたので安心している。
まあ、まだ全部の準備は終わってないけど。
とんでもない問題が隠されているかもしれない。
一番不安だったのは写真でも紙でもなく木材。
オーソドックスなスタイルならフレームにマットの額装で展示をする。
今回は写真を木の板にペタッと貼るだけ。
といってホームセンターで売っているような綺麗な板ではない。
黒ずんでいたり、穴が開いていたり、裂けていたり、歪んでいたり。
大きさもマチマチで切ったりくっつけたりしてある。
乾燥をさせてヤスリをかけて水拭きもしなければいけない。
プリントしてあった写真もそのまま使えないものも多かった。
この木が本来、廃棄される運命にあったということに意味がある。
製材所から出た商品にならない板。
廃棄処分になるところを引き取って保管していたのがカフェアタゴのマスター。
そのマスターも薪にしようとしていたらしい。
今回の写真展のタイトルは「樹は巡る」。
巡り巡って私の元にやってきて展示に利用される。
展示が終わって誰かの手に渡ればまた巡るし、薪にするのも悪いことではない。
この板も埼玉のものでいわば私の地元の木。
地域での循環、私の普段から言っていることをこの木に込めている。
廃棄されるものを利用するということもね。
とはいえ、最初から多くの要素を盛り込めるとは思っていなかった。
信念を持って表現していけば全てが繋がっていくんだと納得。
結果オーライ、都合よく解釈してる気もしますけど。



 
JUGEMテーマ:写真展

写真展「樹は巡る」製作状況報告 その2



個展に向けての制作が続いている。
まだ開催もしていないけど、多くの学びがあった。
まず一つは和紙の可能性。
数年前に新宿眼科画廊の個展でも和紙を使用したけど今回は別物。
写真印刷用に市販されている和紙は使用しない。
小川の和紙を切ってプリントする。
ただこれだけのことなんだけど、一般的にはハードルは高い。
印刷用に何の加工もされていない和紙にプリントできるのか。
試していないけど染料系のプリンターでは無理だと思う。
なけなしのお金を投資した顔料系プリンターなら可能だ。
トラブルやミスがないわけではないけど何とかなる。
この発見は今後の作品制作に大きな変化をもたらすはず。
和紙を前提にした更なる写真作品。
商品としてのアイデアも浮かんでいる。
ポストカードサイズのオリジナルプリント。
インテリア的に木と組み合わせた小型作品。
写真集も和綴じで作りたい。
夢は膨らむばかりだ。
そして木の加工をしていることも大きな気付きがある。



前述のように木と和紙の相性は非常にいい。
板に和紙の写真を貼りつけるといい雰囲気が出る。
今回はあまり細かい加工をしていないけど、いろいろ出来そう。
板に貼りつけるだけじゃなく、額の製作もおそらく可能だ。
まあ、市販品のように精彩な額は作れないけどね。
実際にやってみるとそれほどハードルは高くないことに気づく。
壁にかけるためにどうすればいいかの試行錯誤もよい経験になっている。
とっても学びの多い写真展だ。





 
JUGEMテーマ:写真展

写真展「樹は巡る」製作状況報告



写真展が近づいてきた。
ずいぶん先のことだと思っていたのだけどね。
はりきって準備中でございます。
写真はもう撮り終わっている。
今まで所沢の雑木林をテーマに展示をしたことはない。
なので新作だけではなく昔の写真も引っ張り出している。
そこは結構大事なポイントかもしれない。
タイトルは樹は巡る。
最近の写真だけではテーマに合わない気がする。
今回は6年くらいの歳月の中での写真をセレクトした。
自分的に自然、雑木林っていいなと思える写真たち。
どこまで伝えられるか分からないけど努力しよう。
表現でありながら自分なりの自然保護のアクションでもあるし。
まあ、気楽に楽しんで展示するんですけどね。
現在は写真を飾るための工作に難儀している。



材は取りに行ってきたのだけど想定とは随分違っていた。
1枚の板にそのままペタッと貼れる板が非常に少ない。
しかも反っているし捻れているし欠けている。
製材されたものを綺麗に使用するつもりはなかったけど難しい。
さてどうしたものかという所。
展示にしっかり間に合うよう頑張ろう。



 
JUGEMテーマ:写真展

森点描、自然観察指導員と写真展



昨年、一泊二日の自然観察指導員の講習を受けた。
試験の結果や課題の是非で指導員になれないわけではない。
とんでもないヘマをしない限りは大体大丈夫でしょう。
一泊二日の泊まり込みでみっちりの講習、実習はとても充実した時間。
貴重な仲間ができたのも収穫であり財産である。
晴れて私は自然観察指導員になった。
その後何をしたかというと何度か山登りイベントをしたくらい。
講習で知り合った仲間も誘い、賑やかなイベントにはなった。
それはそれでいい機会だし、これからも続けたい。
ふと、思う。
自然観察会を開くのが私の役割なのかしら。
いや、私には私にしかできないことがある。
写真だ。
どこに自然観察会と関係があるかと思うでしょうね。
自然観察会の目的は自然に興味を持ってもらうこと。
そして仲間を増やし自然保護に繋げること。
今度開く私の写真展は樹をテーマにしている。
身近にある樹、自然の素晴らしさを伝えたい。
被写体は雑木林、プリントに使うのは埼玉の和紙、それを埼玉の板に張り付ける。
タイトルは「樹は巡る」。
我々の生活は樹と共に循環していくのがいいんじゃないかしら。
いつもブログで言っていることを写真で具象化する試み。
これは自然観察会と同じだなと思ったわけです。
というわけで写真展に是非お越し下さい。
以上宣伝でした。



 
JUGEMテーマ:写真

「樹は巡る」DM配布先リスト




埼玉
J-BEER

Happy Smile

柿ノ木ノ下

サンバのリズム

Sai Kasumiごはん

Sayama House

注文焙煎の店 喫茶Mon

カフェアタゴ

居酒屋たらま

Egg of Gem

HAIR SEKIGUCHI

こもれび食堂+

新所沢ジャズハウス・スワン

ぷりもぴあーの

トーシローズバー



東京
Roonee

フォトギャラリーキタムラ

プレイスM

Gallery Cafe 3

Cucina Italiana  LEON

ギャラリーしあん

世田谷233

※なくなっている場合もありますのでご容赦下さいませ。



 
JUGEMテーマ:写真展