スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

新納翔写真展


新納翔写真展

「Dystopia Nippon #2」


1/3(日)〜9(土)
会期中無休/13:00〜20:00

ギャラリーニエプス



友人の写真家、新納翔の個展が現在四谷3丁目にありますギャラリーニエプスにて開催中です。
お正月から個展とは、写真へのなみなみならぬ意気込みを感じますね。
みなさんは家でゴロゴロしているんでしょうから。
後は東京で誰もいない景色を撮る中野正貴さんくらいでしょうか。
昨日たまたま古本屋さんでその写真集と、東京の窓からの景色を撮った写真を見つけてしばらく迷っていました。
そんなことは関係ないですね。

新納翔

街をスナップする写真家。
私もスナップですが撮影スタイルはまったく違って、彼は真正面からど真ん中にドンッと撮ります(イメージ)。
すべてではないですけども、写真を見ればそのように感じるでしょう。
時には恐ろしくなるような写真もあります。
撮影した後に殴られているんではないかと。
いきなり目の前に現れ写真を撮られる。
いちいち撮影するのに許可などはとってないですし、実際何度か殴られているらしいです。
私には恐ろしくてできません。
私は気づかれないことに神経を費やしていますので。
今回の新納翔の個展は、北陸でのスナップ写真。
我々の暮らす日本に対する彼の視線、ユートピアの対を意味するディストピアがタイトルになっているだけに、鑑賞者は普段とは違う日本を目にすることになるでしょう。


新納翔HP


JUGEMテーマ:個展


木村とブレッソン

続いて日本のスナップの名手木村伊兵衛と、決定的瞬間を写真にする世界のブレッソンの展示を見ました。
二人の共通点。
場所は違いますが同時代を生き、スナップ写真で人や街を撮ったことです。
私は二人とも好きな写真家で、写真集も持っているので今回真新しい発見はなかったのですが、実際のプリントを見るのはまた違いますからね。
展示してあるのは代表作といいますか、見たことのある作品ばかりでしたが、コンタクトプリントやカラープリント、雑誌や写真集もあり楽しめました。

本日は巨匠三人の作品を1日で見れてしまう贅沢な日です。


そしてまたカフェでまったり。

木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし


JUGEMテーマ:写真展

サルガド展

休み、晴天。

もう今日しかこれないので、恵比寿の写真美術館にやってきました。
現在は見終わって美術館内のカフェで休憩しています。
サルガドの写真はパワーに溢れていて見る側を疲れさせてしまうのですが、もちろん良い意味ですし、巨匠たるがゆえでしょう。
もっと言うとサルガドの撮る被写体がパワーを持っているとも言えます。
被写体となる人間や土地に真正面からぶつかって緊張感が生まれてもいます。
だから重みを持つのでしょう。
さらにすべての写真がモノクロであることを考えてみますと、カラーより情報量が少ない分、サルガドの伝えたいものがより際立って見えます。

サルガドの写真展、人々の関心も高いようで平日にも関わらず大変賑わっていました。
アフリカの貴重な写真というのもあるとは思いますけどね。



さて、次の展示を見に行くとします。

木村とブレッソン。


セバスチャン・サルガド アフリカ 生きとし生けるものの未来へ

JUGEMテーマ:写真展


東京写真部展 VOL.16


本日より開催の写真展のお知らせです。
私の所属する写真集団jam heliographyとも姉妹提携をしている東京写真部のグループ展。
活動歴は10年、展示はなんと今回で16回目。
この継続力には驚かされますし、見習わなければいけませんね。
その秘訣を考えてみますと、東京写真部は写真を心から楽しんでいることではないかと、それは展示を見れば一目瞭然にわかります。
そして見るこちら側もハッピーな気持ちにさせてくれます。
ステキ集団東京写真部。
是非ご覧ください!






東京写真部展 VOL.16

日程 12月2日(水)〜12月7日(月) − 入場無料 −

時間 11:00 〜 19:00

※ 初日12月2日は13:00から、最終日12月7日は17:00まで。


会場 ギャラリーきらり

東京都渋谷区代々木3-29-5 ※ 新宿駅南口から徒歩10分



JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:写真展
ブログランキング 

iPhone x CameraTalk vol.02




iPhone x CameraTalk vol.02

2009/11/30(月)〜12/13(日) 
11:00〜20:00(年中無休)

会場
カメラピープルストア「monogram(モノグラム)」2Fギャラリー


こちらのイベントの主催メンバーケン@KEN3TV氏tsurujun氏とは友人で写真仲間というのもありますが、とても行動的で刺激を受ける人達です。
今回のiPhone x CameraTalk vol.02も企業の協賛が入っていたり、様々な媒体で取り上げられたりしていて、これからもっともっと広がりを持つようなイベントになることでしょう。
残念ながら私は持っていないのですが、iPhoneにはカメラ機能がついており、トイカメラ感覚でおもしろい写真ができあがるようで、iPhoneに惹かれたたくさんのユーザーの写真を集めて一気に展示する、というのがiPhone x CameraTalk vol.02です。
きっとおもしろい空間ができるでしょう。
必見のイベントです。


JUGEMテーマ:写真展